もやしについて

  1. ホーム
  2. もやしについて
  3. もやしの歴史

もやしの歴史

西暦 内容  
800年

1200年

平安時代に書かれた、日本で最も古い薬草の本「本草和名」(ホンゾウワミョウ)に「毛也之」(モヤシ)として 紹介されており、薬用として栽培されていたいう話があります。

画像引用:国立国会図書館より

1300年

南北朝の時代(1336年-1392年)に楠正成が千早城や赤坂上城(現:大阪府南河内郡)に籠城した際、 兵に豆の芽を食べさせて敵の重囲に堪えたと言われています。

画像引用:国立国会図書館より(楠正成/葛の葉 河内/和泉)

1600年

江戸時代の『和漢三才図会』(ワカンサンサイズエ)によると、黒豆をもやしにして、芽が五寸ほどの長さに なったところで乾燥させ、よく煎って服用すると、痺れや膝の痛み、筋のひきつりなどに効くと記されています。

画像引用:国立国会図書館より(和漢三才図会)

1850年

長崎に漂着した異人から豆萌(もやし)のつくり方を教えられ、それが地方に拡まり、 その後、長崎から「もやし」つくりの職人が江戸に上り、当時天下の珍味としてこれを将軍に献上したという話があります。

画像引用:国立国会図書館より

1900年

明治40年(1907年)頃から東京・横浜・大阪・神戸など、港のある大都市で「もやし」をつくる栽培業者が台頭し始めました。
その後、関東地方、特に東京に伝播し、関東大震災(大正12年:1923年)以降に商品として取り扱われるようになったと言われています。

画像引用:横浜市立図書館WEBサイトより(1909年(明治42年)頃の横浜伊勢崎町通りの絵葉書)

1950年

第二次世界大戦(1939年-1945年)後、もやしは日本各地で盛んに栽培されるようになりました。
はじめはごく小規模な生産工場(というよりも「もやし屋さん」)が、それぞれの地域で生産と販売をしている状況でした。このような小規模生産業者は一時1,000社以上あったと言われています。

画像引用:長萌産業(株)より

1960年

昭和40年代の「味噌ラーメンブーム」で、もやしの認知度は更に高まり、消費も大幅に拡大されました。
また、スーパーマーケットの誕生は、それまで八百屋さんが店頭で目方売りしていたもやしを小袋包装での 販売へと姿を変えさせることとなりました。
これにより大量生産と機械化が可能となり、生産規模の大きいもやし生産者が出来始めたのもこの頃です。

画像引用:国土交通省WEBサイトより
(東海道新幹線開業 1964年(昭和39年)10月1日) 

1980年

1990年

 

その後、道路網の整備や冷蔵配送といった物流の発達と都会での育成環境の確保が難しくなった事等により小さなもやし屋さんは生産を止めたり、仲卸業に転業するもやし屋さんも出始めて、もやし生産者の生産規模は更に拡大しました。

画像引用:国土交通省WEBサイトより(瀬戸大橋開通 1988年(昭和63年)4月10日)

2014年

今日では、もやし生産者は全国で約150社ほどになっています。
日本のもやしは、清浄な水と先端技術を用いた温度や環境のコントロールによって育成されており、その生産管理技術は世界トップレベルにあります。